イングリッシュベル

イングリッシュベルの特徴

 カランメソッドとDME両方提供しているスクールです。
 DMEはカランメソッドの現代版として作られたもので、イングリッシュベルではDMEビジネスバージョン、上級者バージョン、また、ティーン向けやキッズ向けのDMEまであります。DMEでは、文法事項が強化されて、レッスンのところどころで練習問題としてのエクササイズも多々あります。
 現代の語彙や表現が使われているのでより実践に近い内容だと感じます。

 

 オンライン英会話スクールとしても実績は長く、先生の人数も多いです。
 カランメソッドとDMEも長い間提供しているので先生もこの直接教授法のレッスンをすることに慣れています。
 講師陣がしっかりカランメソッドについて理解しているので、安心してレッスンを受講できます。
 カランメソッドを教えるには、幅広い英語知識をもって正しい発音を習得することが必要だと思われます。イングリッシュベルの先生たちもその要素はちゃんと備えています。

 

 また24時間のスクールなので便利です。時間帯によっては講師が少ない場合もありますが、だいたい予約が取れないほどではなく生徒数にあわせた十分な人数を準備してくれています。
 Ays Englishなども深夜まで開講していますが、24時間ではないので、その点は忙しい人にとってがありがたいですね。

 

 カランレッスン提供スクールとして、一番の特徴は、e-roomがないこと。
 先生がレッスン中にSkypeの画面を工夫しながら進行していきます。よくネット上にある海外のカランメソッドのレッスンに一番近い感じがします。
 レッスンルームがないことで、臨場感があります。

 

 料金体系は他のカラン対応スクールと比べて少し安価な印象があります。
 その上で、他の英会話コースやTOEICコースと同時に、カランもDMEも選ぶことができ、しかも、DMEの中でも生徒のレベルに合ったコースを選べるのがとても大きな魅力です。

 

トップページに戻る