カランメソッド

カランメソッド効果的な受け方

 レッスンで出てきた、表現・単語はそのまま覚えてしまいましょう。
 センテンスコンストラクションはカランの方法で、意識せずとも身についてきます。
 自然に文法的に正しい英語で会話できるようになります。

 

 レッスン中は、先生の言うことにしっかり集中しましょう。
 Stageが上がれば、センテンスが長く長くなります。
 ちゃんと聞いていないと本当にわからなくなります。
 また、細かい部分まで聞いてないのと、まったく逆の答えをいうこともあります。

 

 先生の質問が終わったら、瞬時に答えられるように脳内で余計なことは一切考えず、とにかく「立ち止まらない」ように。
 カランメソッドは、歴史ある英語教授方法なので時々古い言い回しが出てきます。そんなときも思考回路停止せずに、とりあえずは、そのまま続けましょう。
 先生のほうも「イマドキこんな言い方しないけどね」とあとで説明してくれます。
 また、自分の中の英語量が増えてくると、古い表現を聞いても自分で判断できるので、特に心配は要りません。

 

短期集中!可能な限り毎日受講が吉

 受講頻度としては、できれば、毎日。
 そのあたりは、ゆっくり身につける普通のオンライン英会話との違いですかね。
 ですが、やっぱり人それぞれ時間をとれるタイミングは違いますので、
 たとえ週に一度でも、とにかくコンスタントに続けることです。
 レッスン数が少なくなってしまう方はカランメソッドのテキストを購入しても良いでしょうね。自分で、センテンスを空き時間に覚えていくことができます。

 

 カランメソッドをやる、と決めたら、まずはStage10が区切りですので、そこまでは素直にカランメソッドの方法についていく。
 それから、Stage12まで続けるかどうかを判断しても良いと思います。

 

 並行して、他の英会話レッスンを受講することもオススメです。
 ほとんどのカラン対応スクールで、日常英会話レッスンも提供されています。
 カランで厳しく繰り返し習ったフレーズを日常英会話レッスンを実践の場としてしっかり使っていきましょう。

 

当サイトオススメスクール

e英会話
カランメソッド受講実績がオンライン英会話スクールではトップクラス。
カランメソッド以外にも日常会話、発音、ビジネスなど合計15種類のレッスンコースを保有しており、並行して受講が可能。
カランでマスターした手法を、一般英会話レッスンで試すのが効果的。

 

Ays English
カランメソッド導入は後発ながら、じわじわと受講生を伸ばしている。
特にTOEICコースとの並行受講が、ビジネスパーソンなどを中心に人気。
深夜と早朝にもレッスン開講しているので、忙しい人向けのスクールとして好評。