リンク集

リンク集

カランメソッドとDMEを徹底比較
オンライン英会話で大人気のカランメソッドとDMEを徹底比較します。 英会話スクール選びどうしよ〜?、とか、カランとDMEどっちがいい?、なんて迷っている方は、是非ご覧ください!

 

おすすめ英会話教材サイト
英語のプロが評判の英語教材を一刀両断で、激辛診断しています。英語初心者の方は参考になります。有名教材だけが英語教材ではありません。英会話スクールのレビューも掲載されています。

 

英語学習への心構え

学生時代、英語を勉強していると、なかなか英語の成績が上がらないことに悩まされます。特に受験も関わってくると尚更です。皆さんも薄々はお気づきと思いますが、英語力を身につけることは非常に忍耐が必要です。私も、学生時代を含めずに、英語の勉強期間は非常に長くなりました。確かに、学生時代のときのように一時に集中して勉強するというような学習ではありませんが、それでも気がついたら10年以上でした。未だに未達成のことが多く、日々、「頑張らないと!」と繰り返し思っています。

 

【英語の心構え】
【英語の心構え】。それは、「焦らず長期戦で頑張ろう」です。日々、地道な継続が必要となる学習です。「ローマは一日にしてならず」と言う諺がありますが、正にその通りです。

 

・焦らない
・忍耐
・毎日、少しづつ積み重ね

 

このような気持ちで毎日取り組んでいくしかありません。私も、今、英語関連で達成したい目標があるのですが、焦る心を落ち着かせて、「焦らない。毎日、継続。」と心に唱えながら取り組んでいます。
ここで目標と言いましたが、目標はモチベーションを継続させるために非常に重要です。
英会話教材を吟味して選ぶことも大切ですが、それをどう活かすかを考えるのも英語上達のうえではキーポイントです。

 

【長期目標】
「英語の勉強が趣味だ」、「英語の勉強をしている間は幸せだ」、「もう、楽しくてたまらない」と思っている人は別として、やはり勉強は辛いものです。別に勉強する必要がないのであれば気付かづに通り過ぎたい人が大半だと思います。私も同じ気持ちを持っています。しかし、各々何らかの理由があって、投げ出すことができない事情だと思います。そこで大事なのが目標を設定することです。長い目で見て、将来、達成したい目標を、可能であれば期限を設定して決めます。具体的であればあるほど、モチベーションはあがります。その目標を自分が良く目にするところに貼ります。私はPCの壁紙にしています。毎回、PCを起動する度にその言葉が目に入り、「やるか!」という気分にさせます。

 

【短期目標】
次に、短期目標を作ります。長期目標を達成する上で必ず通過しなければならないマイルストーンがあると思います。それを短期目標に設定し、期日も決定します。長期目標のスケールによりますが、長期目標が数年後であれば、短期目標は数ヵ月程度のスケールです。短期目標には具体性が必要ですので、具体的に想定します。そのほうがやる気もでます。短期目標を達成するたびに、長期目標を実現させる方法が明確に浮かび上がってくるはずです。

 

以上、英語学習の心構え、目標に関して述べてきましたが、本当に英語は忍耐です。焦らず、落ち込んでも気持ちを持ち直して前へ前へ進んでください。その気持ちを少しでも前へ向かわせるために、落ち込んだ時も前向きに考えられるように、目標を設定してください。